早稲田短歌会の公式HPです。
一首評(No.8)
司祭館の靜寂を破る他者ならず司祭の立つる堅き靴音 (葛原妙子『朱靈』)

 静かである、という状態は短歌に詠まれることが多いように思う。
 静かという要素を歌に持ち込むメリットを考えると、日常詠においては、連綿と続く日常から歌われる風景を浮かせ、新鮮な印象を与えること、またどんな題材を扱うにしても、静かと形容される要素に対して、読者の集中力が引き付けられることといえるだろう。

 しかし、静けさそのものを主題とした短歌はあまり見かけない。ここで引いた歌は、そういう点では珍しい歌だと思う。
 この歌では、司祭館の静けさを破っているのは司祭の靴音のみである、ということを指摘することで、ミサが行われている司祭館の、圧迫感のある沈黙が改めて読み手に迫ってくる。
 静寂それ自体を詠むとなると、印象が漠然として、拡散してしまいやすいように思うが、この歌では、堅い靴音と、それを際立たせる静寂を対比させることで、光景が鮮やかに浮かび上がってくるのである。

 また、はじめに「静寂」を示してからそれを破るかもしれない「他者」の存在に言及して、ミサが行われていることを読み手に察しさせることにも成功していると思う。もしミサという表現を使っていたならば、漢字を多用することでこの歌にもたらされている重苦しさ、堅苦しさが損なわれていただろう。
 「他者」の存在が示されることで、「静寂」がその「他者」すべての沈黙によって成り立っているということも暗に示される。その沈黙が、「他者」それぞれの信仰に基づいていることで、読み手にはそれが破ってはならないものであるゆえの重苦しさとともに、敬虔な祈りの空気が伝わってくるのである。

 さらに、結句で「靴音」に言及するまでは、具体的な風景描写が見られないことも効果を上げている。
 靴音を「堅い」と形容することで、司祭の靴と床の堅さを同時に想起させ、その質感だけを余韻として感じさせるのである。それまではどこか抽象的で想像しがたかった「静寂」が、鳴らされる靴音によって輪郭を持って浮かび上がる。
 「堅き靴音」という結句は、音の面からみても優秀である。四句目まではサ行が6音も使用されており、流れるように読ませるのに、四句目後半の「立つる」を導入として、結句ではカ行が3音とタ行が2音使用されており、硬質で、かつ特徴的な印象を与えることに成功している。
 また、視覚で想像できる具体的な情報が少なく、たとえば色彩などがほとんどない中で、最後に聴覚に訴えかけてくる表現が体言止めで使われているのも巧妙だ。

 一見、葛原妙子の歌としては地味な印象を受ける一首だが、こうして考えていくと、様々な技巧の凝らされた歌であることに気づかされる。
 また、彼女の歌には、静けさを連想させる言葉がなくとも、対象をクローズアップして詠むことによって雑音の存在する余地を排除し、充分に静けさと緊張感を伝えてくるものが多い。前評者の坪井さんにならって、最後にもう一首引いてみようと思う。

受洗のみどりご白しあふ臥に抱(いだ)かれて光る水を享けたり (同)

(文責・藤森佳鈴)
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 早稲田短歌会. all rights reserved.