早稲田短歌会の公式HPです。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
一首評(No.4)
風速を平均したら4ノット もらった梨と買ってきた梨 (土岐友浩)

 ◆

早稲田短歌会の4人(瀬戸夏子・平岡直子・望月裕二郎・服部真里子)と、京大短歌会の2人(土岐友浩・吉岡太朗)によって創刊された同人誌、『町』から引いた。「by moonlight」と題された、10首連作の2首目の歌である。

まず上句で、この作中主体は「風速」というものをごくあっさりと「平均し」てしまう。「風速(ふうそく)」「平均(へいきん)」の長音に似た音(厳密には長音とは呼べないだろう)の少し軽い感じや、「平均したら」の「た」音のぺったりとした感じ、そして「4ノット(よんのっと)」というオ行音・「ん」音・促音で構成されるどこか間の抜けた音とリズムが、作中主体の「平均」するという行為を「ごくあっさりと」したものに見せるのに貢献しているように思われる。

「平均し」た結果、その「風速」は「4ノット」という穏やかな値をとる。「4ノット」の穏やかな風を感知するのは、作中主体の肌だ。肌、即ち「自己と世界との境目であるもの」が感じるはずの風を「平均し」、ひとつひとつの風の微差にはあっさりと目を瞑ってしまうことによって、この作中主体を取り巻く世界は、どこまでも「フラット化」される。

平均4ノットの穏やかな風が吹く、「フラット化」された世界に登場するのは、「もらった梨と買ってきた梨」というふたつの「梨」である。イメージ的には、梨がふたつころん、ころんと並んでいる状態だ。「もらった」「買ってきた(かってきた)」というカタカタした韻律も手伝ってだろうか、非常にかわいらしい。
しかし、一見何でもない平凡な図であるようなのだが、考えているうちにだんだん「この世界はどこかおかしいのではないだろうか」という気分にもなってくる。そのような静物画的な魅力も、この下句は備えていると言っても良いだろう。

このふたつの「梨」に対して、作中主体は、ただひたすらに穏やかで静かな視線を向けているように思える。傍から見れば大差ないようなふたつの「梨」であるのだが、誰かから「もらった梨」と、自ら選び取って「買ってきた梨」とは、作中主体にとっては全く別個の存在であるようだ。全く別個の存在ではあるのだが、そのいずれもが、彼(とは限らないが、便宜上「彼」としておく)にとって大切なものであるように感じられる。大切なものであるからこそ、彼は穏やかで静かな視線をそれらに向け、それらの「微差」(「もらった」/「買ってきた」)を認めているのであろう。

ふたつの「梨」の「微差」を認めるという下句における作中主体の態度は、「風速」をあっさり「平均し」てしまう上句の態度とは、少々異なるものだと思う。それは、上句・下句それぞれで、作中主体が向き合っているものが異なるからなのであろう。
上句において、作中主体は世界に向き合っている。その世界に対して、作中主体は「風速を平均」するという処理を行う。前述の通り、世界を「フラット化」しているのである。下句において、作中主体が向き合っているのはふたつの「梨」、すなわち彼にとっての「大切なもの」だ。それらに対しては、彼は穏やかで静かな視線を注ぎ、「微差」までをしっかりと感知する。

このように考えると、自己の認識によって「フラット化」された世界において、自分にとっての「大切なもの」に対しては穏やかで静かな視線を注ぎ、その「微差」までもを確かに認めるという、作中主体の姿が浮かび上がってはこないだろうか。

しかし、同時に考えておきたいのは、この作中主体による世界の「フラット化」が、決して悪意に基づいている訳ではないように思われる点である。ここで言う「フラット化」とは、世界に対しても穏やかで静かな視線を向けている、と言い換えても良いだろう。その視線は、ふたつの「梨」に向けられるものとはほぼ同質のもので、違いは「微差」を認めるか否かという一点である。
とは言え、世界に対して「微差」を認めないのも、決して作中主体の世界に対する抵抗などではないように思える。作中主体のそのような世界に対する態度も、ふたつの「梨」に「微差」を認める態度と同じように、どこまでも自然体であるように見えるのだ。
おそらくは、「平均」するという行為がごくあっさりとしていて、何となく穏やかな手つきに感じられるからだとは思うが、このような世界に対する処理に悪意がほとんど感じられないのは、現代短歌においてはかなり珍しいケースなのではなかろうか。

――と、くどくどと説明してきた後にこんなことを言うのもおかしいが、穏やかな「風」のイメージと、ふたつの「梨」のイメージを重ね合わせるだけでも、シンプルに十分魅力的な歌なのではなかろうか、とも思う。寧ろ、こうやって筋道を立ててきっちり読もうとするよりも、前述した「この世界はどこかおかしいのではないか」と思わせるような、静物画的な魅力を味わうほうが、より適切な鑑賞だったのかもしれない。

--------------------

*掲出歌を含む、同人誌『町』
 http://000machi000.blog42.fc2.com/
 →迫力もボリュームも満点の、何度読んでも読み飽きない1冊。
  学生短歌会の精髄とも言える、
  きらきら(…と言うよりぎらぎら?)した魅力とパワーに溢れています。
  ぜひご一読を。

*掲出歌の作者・土岐友浩氏のWeb歌集「Blueberry Field」
 http://www.blueberry-field.com/
 →遊び心満載の、とても美しいWeb歌集です。

(文責:田口綾子)
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 早稲田短歌会. all rights reserved.