早稲田短歌会の公式HPです。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月25日(月)水原紫苑勉強会
早稲田短歌会の大塚です。最近後輩がブログの告知を忘れがちです。これは僕の監督不行き届きです。申し訳ございません。
水原紫苑勉強会のお知らせをします。

5月25日(月)18:30~
於学生会館E519 or E714
歌人・水原紫苑とその短歌について

水原紫苑は、独特の美意識によって幻想的な歌世界を作り出す歌人で、早稲田にゆかりのある方です。実作嫌いのあなたや、文語離れのあなたにおすすめ。
進行は第一歌集『びあんか』抄の鑑賞を主に、読書会形式で進める予定です。予習不要、いつもどおりです。でも付録も頑張るので、経験者の方にも有意義な活動になると思います。
お問い合わせは大塚【dull-communication●softbank.ne.jp 】までお願いします。


胸びれのはつか重たき秋の日や橋の上にて逢はな おとうと  水原紫苑

われらかつて魚(うを)なりし頃かたらひし藻の蔭に似るゆふぐれ来たる  同
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 早稲田短歌会. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。