早稲田短歌会の公式HPです。
一首評(No.9)
  硝子器のひびを愛すとあざやかに書けばいつしか秋となりゐる (杉原一司「あくびする花」)

 東京での初めての夏が終わり、いつの間にか秋が過ぎ、ぽっかりと冬になってしまった。
 杉原一司のこの歌は、そういった季節の終始を劇的に詠ったものではない。

 「硝子器」とはそのまま、ガラスのうつわのことだろう。華美なカットグラスだろうか。シンプルなガラスのコップだろうか。捉えられるイメージは感傷に伴い、読み手によって異なってくるのではないだろうか。
 そこにひとすじの「ひび」が入っている。「愛す」という表現から、決定的な傷というよりかは、作者だけが知っている、あるいは気づいている、微細なもののように思える。 
 ガラスの器にあるひびを愛する、とあざやかに書く。シミリーではなく、直接的に「書けば」と詠い切ってしまっている。「あざやかに書」かれるのは読み手の目前に現れる透明な一枚の紙の上になのか、あるいは「硝子器」自体になのか。
 一連の行為はとてもポエティックで、まさに硝子のひびのような感傷と、書きあげる筆のつよさを感じる。

 そしてストーリーをまとめあげる結句で、「いつしか秋となりゐる」と大胆に述べている。前後の関連性はこれといってないのに、歌の流れに不自然さを感じさせない。
 前衛短歌運動以前、戦後直後の当時にこのような「詩的飛躍」を含む歌を発表することは、杉原の表現する意志のつよさを感じることもできるが、実験要素も多かったのだろう。彼から多大な影響を受けたとする本邦雄は著書『定型幻視論』の中で、「杉原のうたはすべて実験の域を脱していない」と述べている。
 またこの歌に関しては「『詩と詩論』や“新感覚派”からの遠い間接遺伝が見られる」と解釈している。
 
 杉原は二十三歳という若さでこの世を去る。本らと短歌同人誌「メトード」を創刊するも、彼の死とともにその活動は終わる。(本邦雄は生涯を通して杉原を信頼し尊敬し続け、彼の処女歌集『水葬物語』の扉には「亡き友 杉原一司に獻ず」の一文がある。)
 「硝子器のひび」の「ひび」は、もしかしたら「日々」との掛けことばだったのではないか。そんなことをも考えさせる危うい青春性が、杉原の歌の特徴のひとつでもある。

 ことばの間から秋陽が洩れ出ているような、なんて耽美的な哀愁と、やさしいつよさに満ちた歌なのだろう。

参考 『現代短歌大系11 新人賞作品・夭折歌人集・現代新鋭集』(三一書房・一九七三年)

(文責・井上法子)

スポンサーサイト
杉原一司勉強会のお知らせ
こんにちは。井上法子です。
雨やどりにはタワーレコード。

勉強会のおしらせです。夭折の歌人、杉原一司についてやります。
井上ひとりが幸せになって終わりそうな気がしますが、
みなさんにもその幸せをおすそ分けしたいので、どうぞお気軽にご参加くださいませ。

と き  2009年12月18日(金)18:30~
ところ  学生会館E714

レジュメを準備する関係で、参加を希望される方は17日の22時までに
downpour_sop★mail.goo.ne.jp(★→@)へご連絡ください。
遅刻が確定している方はそれもお伝えください。

宜しくお願いします。

12月11日(金)歌会のお知らせ
藤本です。数年ぶりに石焼き芋のトラックと邂逅しました。
カレンダーがあと1枚になったところで歌会のお知らせです。

日時:12/11(金)18時半~
場所:学生会館E714(部室)

詠草は当日の18時までにleaf-of-cherry☆fuji.waseda.jp(☆→@)までにお願いします。

皆様の参加を心よりお待ちしています。
12月4日 歌会のおしらせ
梶原です。小春日和ですね。
歌会のお知らせです。

とき 12/04(金)18:30~
ところ 学生会館E714

詠草は当日の18:00までに、
s0612182あっとu.tsukuba.ac.jp
までお願いします。
詠草のみの場合はその旨を教えてくださると幸いです。

実は初司会です。
緊張しつつ、皆様のご参加お待ちしております。
Copyright © 2017 早稲田短歌会. all rights reserved.